‘Blender’ タグのついている投稿

BVH File Sketch

2014.01.06 09:33 PM

daijima.jp Lab | BVH File Sketch

昨年のクリスマスに行ったPerfumeのドームコンサートと大晦日の紅白がすごく良かった。
この期に及んでPerfumeファンになったので、以前作ったドブえもんのPerfumeダンスを晒してみよう。
その名もDobume。
※骨格がありえない曲がり方をしたり、腕が体にめり込んだりするのはご愛敬。
※Dobumeはノッチのパートを踊っています。

少し古いネタですが「Perfume global site project #001」からモーションキャプチャーデータを拝借しました。
http://www.perfume-global.com

openFrameworks × Arduino × 光センサー

2013.03.21 04:30 PM

[oFSketch1] ドブえもんの明と暗 / Dobuemon’s light & darkness

openFrameworksとArduinoと光センサーを使って部屋の明暗を検知して何か表現してみるテスト。
地味かつしょーもないデモ映像ですが良かったらご覧ください。
上機嫌でコマネチを繰り出すドブえもんですが部屋が暗くなると絶望します。

[oFSketch1] ドブえもんの明と暗 / Dobuemon’s light & darkness from daijimachine on Vimeo.

最近になってopenFrameworksを始めてみて、初歩的なことを一通り試していく中でできたスケッチです。
このスケッチで試したのはボーンアニメーション付きモデリングデータを読み込んでパースして表示してくれるofxAssimpModelLoaderというaddonがどんなものなのかということと、Arduinoとセンサーを絡めたらどんなことができるのかということ。

ボーンアニメーション付きモデリングデータの読み込みは特に問題なく読み込めて表示できました。
ライトや陰面消去、テクスチャの質感等の細かい3Dの設定はOpenGLを操作できるメソッドがopenFrameworksには用意されているのでそれらを使って設定しています。

Arduino × センサーの方はとりあえずは配線周りのセッティングが簡単な光センサーを使ってみました。
センサーは様々なモノが膨大にあり、セッティングが複雑なものも多そうなので、おいおい試していこうと思います。
Arduino(てか電子工作)わりと面白いのでちょこちょこいじっていこうと思います。

WebGLでBone Animation

2013.03.13 07:43 PM

daijima.jp Lab | WebGL Bone Animation Sketch

ここのところWebGLを試していたんですが、その時作ったスケッチを晒してみようと思います。

※Safariで閲覧する場合はWebGLを有効にしてください。SafariのWebGLの有効化方法
※WebGLがサポートされていないブラウザでは閲覧できません。(IEやスマホブラウザ等)
※画面ドラッグでカメラ移動
※マウスホイールでカメラズーム
※Qボタンでアニメパターン1再生
※Wボタンでアニメパターン2再生
※Eボタンでアニメパターン3再生
※3Dライブラリはthree.jsを使用しました。
※気持ち悪いスケッチで申し訳ありません。

以下、ざっくりですが技術的なこと。
キャラクターのモデリング、ボーン設定、ボーンアニメーション作成はBlenderを使用。
BlenderでUV画像をエクスポートしてそれを元にPhotoshopでテクスチャ作成。
ボーンアニメーション付きモデリングデータをCollada形式でエクスポート。
※Blenderにthree.js用のアドオンをインストールするとモデリングデータをjson形式でエクスポートすることもできるんですが、いざthree.jsで読み込んだところ、表示が崩れてしまってうまくいかなかったので今回はCollada形式でエクスポートしてthree.jsで読み込みました。

three.jsを使えばいわゆるFlash用の3Dライブラリ(Away3D/Alternativa3Dなど)ライクに、わりと簡単に3D表現はできるようです。ボーンアニメーションもそれなりにすんなり実装できました。

現時点で大半のスマホブラウザでWebGLをサポートしていないというのが、いまひとつWebGLが流行らない原因なのだとは思いますが、近い将来多くのスマホブラウザでWebGLがサポートされるようになれば、大いに活用できるAPIになり得ると思います。

いずれにせよ、FlashのStage3D、WebGL、Unity、openFrameworks、etc..、様々な技術的なアプローチがあるとは思いますが、案件の特性に応じてアプローチ方法を選択して自在に開発できる準備をしておくのが肝要なんだと思います。

Blender プラグイン追加方法

2012.12.10 03:43 PM

プラグインを追加するには所定のフォルダにインストールしてから有効化する必要があります。

1.インストール
-Windowsの場合
以下のフォルダーにコピー。
C:/UsersvUSERNAME/AppData/Roaming/Blender Foundation/Blender/バージョン/scripts/addons

-OSXの場合
blender.appを「control」を押しながら「クリック」して「パッケージの内容を表示」を選択して以下のフォルダーにコピー。
/Applications/Blender/blender.app/Contents/MacOS/バージョン/scripts/addons

 

2.有効化
メニューから User Preferences を開いて Addons タブを開く。
Import-Export カテゴリを選択して有効化したいプラグインにチェックを入れる。

Blender ショートカット・キーや操作メモなど

2010.12.31 11:42 PM

Blenderで個人的によく使うショートカット・キーや操作のメモ。
※今後も加筆・修正していく予定です。
Last Update : 2012.12.29

 

●ファイル入出力

ファイル読み込み [F1]
名前をつけて保存 [F2]
保存 [Ctrl] + [W]

 

●視点変更

トップビュー テン・キー[7]
フロントビュー テン・キー[1]
サイドビュー テン・キー[3]
カメラビュー テン・キー[0]
3Dカーソルを原点に [Shift] + [C]
3Dカーソルを視点の中心に [C]
3Dカーソルを選択オブジェクトの中心に [Shift] + [S] + [4]
全体表示 [HOME]
PerspビューとOrthoビューの切り替え テン・キー[5]

※[Ctrl]を押しながらで、反対側の視点になる。

(さらに…)

Blenderでモデリングしたデータにメッシュアニメーションをつけてみた。

2010.11.30 01:37 PM

以前作ったこれにメッシュアニメーションをつけてみた。せっかくなので音に合わせてダンスさせてみた。(ダンスというよりただの顔芸。)

Dancing Dobuemon – wonderfl build flash online

実装の流れは、メッシュアニメーション作成→メッシュデータをmd2形式で出力→md2をAway3DLiteで読み込んで表示。

Blenderでモデリング

2010.10.28 03:26 PM

Blenderでモデリングの練習。
Twiiterアイコンとして使わせてもらっているドブえもんを3D化してみた。

Dobuemon ~With Suneo’s Theme~ – wonderfl build flash online

わりとキモいです。ごめんなさい。
ついでにスネオのテーマを添えてみました。

3Dソフトの扱いはド素人かつ完全に我流。とはいえ、俺、モデリング下手くそ。
自分を戒めて今後頑張る意味で晒してみる。
モデリング自体はとても楽しい作業なので、三日坊主にせず、今後も時間を見つけて続けていきたい。なので、ざっくりとした目標をたててみる。半年後にこれを見て、クオリティのひどさに顔を赤らめるくらいのスキルアップはしたいところ。(現時点でも十分恥ずかしさはありますが。。)

あとは、メッシュをいじってフェイスアニメーションを入れたかったんだけど、ColladaにうまくExportできなかったので、あとでやる気が出たら、Pythonなどいじったりして頑張ってみる。